steelseries
SteelSeries QcK mini

Posted By ちゅろめ

Created at 2019/06/08 20:08:56
Updated at 2019/06/16 21:13:55

コストパフォーマンス優れる布地小型マウスパッド

ちゅろめです。

ネタはないがたまには投稿しないと…、ということで書きそびれていたマウスパッドのレビューになります。

嘘です。19年6/8現在、twitterでプレゼント企画やってたからです。

若干ピンボケしてるかな?…

 

購入価格は、Tsukumo.ex店頭にて1000円ほどだったと思います。

現在はamazonにて1000円を切る価格で販売されています。

購入してから時間が経過してるので箱が残っていないうえ、多少薄汚れていますがご容赦ください…。

箱は紙製の簡素なものでコレといった付属品はありませんでした。

注意点としては、丸めて梱包されている為、重石を載せたり逆に巻いたりしないと巻き癖が解消されないことが挙げられます。

~製品仕様~

  • 材質:マイクロウーブンクロス(布地)
  • サイズ:250 mm x 210 mm x 2 mm
  • 厚さ:2mm

※QCKシリーズとしてサイズや素材、厚みの違う「heavy」「edge」「limited」などがラインナップされています。この製品は「mini」の名のとおり一番薄く小さいモデルです。

 

表面としては最初に挙げた写真をご覧ください。

一面真っ黒なデザインになっており、ワンポイントとしてメーカーロゴがつけられています。

黒地に白の印字なのでそこそこ目立ちますが、ツートンカラーで万人受けしやすい配色だと思うので個人的には好印象です。

 

マウスパッドの材質は金属や樹脂製など、様々な素材が挙げられますが、本製品は布地となっています。

滑りやすさは一部樹脂などに軍配が上がりますが、布地であることの利点は、布の摩擦を生かして思い通りの場所でマウスをとめることが出来る。

→要するに「滑り過ぎない」という点が挙げられると思います。

こればかりは個人の好みになってしまう部分ではありますが、金属や樹脂製のマウスパッドには過度に滑らかなものもあり、マウスが必要以上に動いてしまうことがあるためこの製品を選びました。

「滑りやすくする」というマウスパッド本来の思想からずれてはいますが、布ならではの適度な摩擦が使いやすさを演出してくれると思います。

 

唯一の欠点としては、端の部分がステッチ加工されておらず長期的に見た耐久性に不安があることです。

私の環境では今のところほつれなどは見受けられませんが、心配だという方はステッチ加工が施されている「QCK limited」などを購入するのがいいかもしれません。

背面です。きたねーから洗えよ

背面は滑り止めのためにざらざらとしたゴム系の材質となっており、全体がゴム質なので特に対策をしなくてもかなりの安定感があります。

普通に使うだけでは見ることはないでしょうが、メーカーのロゴがあしらわれスタイリッシュなデザインを演出しています。

~総評~

長所

  • 環境を選ばない小さく薄いサイズ感
  • 裏面のゴムによる安定性の高さ
  • シンプルでいて同メーカー製品とあわせたときの一体感を演出するロゴ入りのデザイン
  • 千円ほどと安価

短所

  • ステッチ加工がされていないため耐久性に不安

 

適度なサイズ感から場所を選ばず安価に購入でき、それでいて大手ゲーミングデバイスメーカー「SteelSeries」の名に恥じないクオリティのマウスパッドです。

シンプルなデザインでどんな配色のデスクにも違和感なく使えると思います。

再三となりますが、千円と大手メーカーの製品としては安価に購入できる点はこの製品の大きな魅力です。

ゲーム用はもちろん事務用パソコンの狭いデスクなどでも活躍できると思いますので、マウスパッド選びに迷ったら、コスパに優れる「QCK mini」を選んでみてはいかがでしょうか。